石井式漢字教育
intro
intro

漢字は一見複雑そうですが、それ故に識別しやすいのです。そして具体的な意味や内容を表わしていますから、幼児には絵を見るのと同じように理解されるわけです。つまり、「目」で理解する言葉(視覚言語)が漢字なのです。

intro
intro

漢字は目で見る言葉、絵のようなものですから、大人が考える程、難しいものではありません。また、石井勲先生が監修された教材は、リズム感のある美しい日本語で書かれています。自然に日本語の構造を会得することができるのです。

intro
intro

大切なことは、幼児の大好きな「繰り返し」を続けた結果、学習が習慣となることです。よい学習も、習慣として身に付いた時に、本当にその効果が現れてきます。石井式漢字教育法は、石井勲先生の教育現場での実践に基づき、子供の心理を上手に生かし、長く続けていればひとりでに、役に立つ良い習慣が身に付きます。

intro
intro

幼児にとって「学習」とは「まねる」ことです。幼児の特性は飽きずに何回でも繰り返すことです。石井式漢字教育法は、そうした「幼児の特性」を良く生かして学習できるように工夫されています。 遊びを通してお子様は喜んで繰り返し「学習」して、飽きることを知りません。

intro

立腰教育

いつも正しい姿勢をとるという生活は、子どもの人格の発達や学力向上に良い影響を及ぼします。石井式国語教室は、哲学者・森信三先生提唱の立腰指導を行います。「腰骨を立て、背筋をシャンと伸ばす」立腰の姿勢を習慣づけることで、集中力と持続力が身につき、さらに判断力も明晰になります。授業の始めと終わり、また本読み指導において子どもの様子を見ながら臨機応変に立腰指導を行っています。

一日の流れ
intro
    • 〈年少の部〉 優勝
    • 〈年中の部〉 優勝
    • 〈年長の部〉 3位
    • 〈小学生低学年の部〉 準優勝
  • 俳句
    • 〈年少の部〉 優勝(2歳児が優勝しました) 準優勝 3位
    • 〈年中の部〉 準優勝
  • 百人一首
    • 〈年少の部〉優勝
    • 〈年中の部〉準優勝
  • 生涯学習奨励賞 1歳児 1名
  • 敢闘賞 2名